船を造るのにかかる期間

船を造るのにかかる期間

どうも、ノア次郎です。

このブログ、「ノア(創世記6-7章に登場)」からとって「ノア次郎」という名前で先週スタートしたのですが、、、

今週の御言葉の本文とメインの登場人物がノアで驚きました。
Σ(・□・;)

イザヤ書55章8-9節には人間の考えと神様の考えが違うということが書いてありますが、まさにその通りですね。

(そもそも、神様の考えは想像つかないっす)

さて、わたくしノア次郎は、その昔、某重工の造船部門で開発をやっておりました。

(それで名前が、船を作った「ノア」次郎なんですなぁ)

その時の経験から話しますと、

船を造る期間は、大きさや種類にもよりますが、世の中を支える10万トン程度の貨物船で、1年弱かかります。

10万トンだと、船長240m、幅40mくらい

今朝の御言葉では、10ヶ月と言われてましたが、私が勤めていたところの製造期間はまさに10ヶ月でした。

いやはや、どこで知ったんでしょうね。
ふと話されるひと言が、的確です。

今日の御言葉で出ていたので、船を造っていた者として、書かずにはいられませんでした(笑)

船のことはおいおい書いていきたいな~と思っています。

ではまた、次の記事で~(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA